神奈川県民主医療機関連合会

神奈川民医連の取り組み

国の責任で、社会保障の制度の充実を

日本国憲法25条には、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と記されています。

社会保障制度は、国民生活に欠かせないセイフティネットです。私たちは、社会保障制度の切り捨て・縮小に反対し、国の責任で制度の充実をさせることを求めています。

戦争に反対し、核兵器の廃絶を求めます

私たちは医療・介護・福祉に携わる者として、人間を傷つけ命を奪う戦争を憎み、戦争政策に反対します。世界の歴史を振り返ると、「自衛・防衛」の名のもとに多くの侵略戦争が行われてきました。私たちは、21世紀も、日本が憲法9条を掲げ、戦争をしない国でいて欲しいと願っています。

また日本が唯一の被爆国として、国際社会において核兵器廃絶のイニシアチブをとる事を求めます。

日本国憲法の理念を広げたい

戦争の放棄、基本的人権の尊重を明記した日本国憲法は、人類の英知として国際社会に誇れる、世界の宝です。日本国憲法のすばらしさを発信し、その理念を広げます。

私たちは改憲に反対し、日本国憲法を暮らしの中に活かす事を求めます。

医師・看護師不足を解消し、日本の医療を充実させたい

今、日本の医療は崩壊の危機に立っています。地域の基幹病院での診療科の縮小やお産の中止や救急医療からの撤退、中小病院の閉鎖が相次いでいます。背景にあるのは、医師・看護師不足と、削減が続いている診療報酬です。

日本の医師数は、人口1000人あたり2.0人。OECD諸国の平均3.1人に、遠く及びません。日本では、病院の勤務医を中心とした長時間労働、過密労働が当たり前になっています。私たちは、医師・看護師の不足を解消し、医療・介護の充実を求めます。


PAGE TOP